ヘッドライトには傷から守るハードコートがしてありますが経年劣化でクラックが入り黄ばんだり白く濁ったりします。ケミカルで磨いたりするとしばらくは復元しますが長く続かないのは劣化したハードコートのせいで完璧に取り除き徐々に表面を慣らし仕上げに表面を溶かしツルんとさせる技術がヘッドライトリファインです。短時間で新品同様まで復元できる新技術は他社ではとても真似が出来ません。但しライトの縁など形状によっては追い切れない場合は脱着しないと出来ないので希望により別途工賃が発生します。お車の価値を上げるヘッドライトのリファインは左右ライトで2〜3万程で出来ます。

フィルムを貼る仕事をしていればフィルムを剥がしたいと相談も来ます。今回は珍しく透明断熱フィルム?兎に角フロント三面に貼ってあってとても見にくいそうです。

確認した所フィルムの糊が溶けたようにただれていて波打っていました。これは見にくいと思います。早速スクレパーで少しづつめくっていきますが糊がべったりガラス面に残りこれを取り除く作業となります。恐らく素人では対応不能と思える状況だと思います。

シトラス系のリムーバーで溶かして取り除きました。有機溶剤なので自分でこの作業を行うと内張など痛めてしまうのでとても危険ですフロントガラスも大変でしたが綺麗に除去できました。

今回はタバコの臭い酷くて何とかならないかと言う案件です。

通常のルームクリーニングでは臭いを除去する事は出来ない為途中迄は通常のルームクリーニングをし、ある程度綺麗になったらバクテリアを使用して臭いを元から分解し完全消臭を目指します。

その前にタバコのヤニを丁寧に中和させます。そして3〜4日掛けてバクテリアを数回塗布します。ある程度臭いが落ち着いたら除菌効果の高いアルコール系洗浄剤を使い徹底的に掃除をします。バクテリアを気化させ隅々まで消臭をします。バクテリアを最大濃度まで高めそのまま放置します。最後にアルコール系消臭除菌剤を同じく気化させ完全消臭に至りました。

プライバシーガラスより濃くして外から見えなくして欲しいと言うニーズは常にあります。プライバシーガラスは断熱の機能は無いのでフィルムを装着すると外側から中を見られない。と、暑さを軽減出来る性能がプラスされます。猛暑でのエアコンの効きは確実に上がりますし透明断熱フィルムをフロント三面に貼ると更にエアコンの出力を抑え燃費に貢献したとお客様にご意見をを何時も頂いています

3年前に納車前に施行したノアを車検を期に再コーティング。オール青空駐車されてるそうですが水垢は一切付いてなくとても綺麗な状態です。

当社の防汚性能が3年間で証明された思いでした。しかしステップ回り内側やスライドドアの内側に汚れが溜まっていましたのでブラシで丁寧に汚れを取り除きパネルの繋ぎ目などはブラシを使っての清掃作業を行いました。パネルなどの劣化は然程気にならない状態でしたのでギヤアクションを使い塗面を整えて置きました。

しかし常に青空の環境でメッキ部分に多少の経年劣化がありました。V-110とS8ガラスコーティングをダブルで塗布し極艶の状態に施行致しました。

プロシールも新品に交換してまたの施行をお待ちしてます。

ランクルプラドにコーティングを施行致しました。当社の既存のお客様なのでヘッドライトの黄ばみ防止のプロテクションフィルムや透明断熱フィルムなど多様なアイテムの良さをご存知で一気に施行作業を致しました。コーティングは野外での保管なので撥水性のタイプではなく疎水性のガラスコーティングを施行しました。

z900rs のコーティング施行の紹介ですオートバイは全て露出していますので隅から隅まで手の届かない細かな箇所まで全てコーティング致します。エンジンのフィンや足回り、ブレーキなども全て。

リヤライズガラスコーティングは4タイプのコーティング剤を層になる様重ねていきます。

ホイールに付着する鉄粉は殆ど付かなくなり少量は付きますが水て簡単に流せます。今回は傷から車体やライトを守るプロテクションフィルムも施行しました。写真では確認が出来難いのですがエィブリの傷を自動修復機能の付いた透明なフィルムを装着してあります雨の日のライドを繰り返しても決して汚れが付着しない最高のコーティングです

ブラックのボディ色にブラック基調のルーフラッピング。cabanaのラッピングはMINIに特化した専用ラッピングシートです。個性的なMINIにオンリーワンのルーフで他のMINIと被らない、自分だけのMINIが作れます。ラッピングの良い所は貼り変えが出来ること。飽きれば違うデザインに変更する事だって可能なんです。これが街で走っていたら、隣りに停まっていたらきっと注目されると思います、そんなオンリーワンが作れるラッピングです。

ミニにリヤ断熱フィルムの施行と2層式ガラスコーティングEXEエボ1の施行です1年程経った車両でボディ色はブラックなのでシミや小傷が多くありましたが傷取り研磨と最終鏡面仕上げで新車の状態を取り戻しました。フィルムは断熱フィルムスモーク20%の透過率で丁度良い濃さで仕上げます。洗車の際にホイールに付いた鉄粉も落として気持ち良く乗って頂きます。

暑くなる季節にはフィルムを施行すると車が快適になります可視光透過率が70%以上になるフィルムをフロントガラスと運転席、助手席に貼るとエアコンの効率が直ぐに体感できるほど変わります。リヤにもスモークの断熱フィルムを施行すると炎天下の駐車時でも室内の温度の上昇を抑えれますので不快度すも少なくなります。見た目も引き締まりプライバシーも守れ紫外線からも守れそして快適を保証します‼️