オートバイにコーティングするとメリットが沢山あります。天候を気にしてライドしてもどうしても雨に遭遇する事はあると思います。その後のメンテはとても面倒くさい作業になります。余りの面倒さでしばらく放置してしまいます。

この細かい造形はとても美しいのですが汚れてしまうと厄介。エンジンはアルミなので一部ホイールに使用する濃度の濃いガラスコーティングを施行します。レースなとで使用してもダストがこびり付かない性能を持った素材です。二層で施行しますので強靭な皮膜は良い仕事をしてくれます。スポークも一本一本丁寧に施行します。少し水を掛けてみると勢いよく弾きます。フロントフォークもホイールと同じ材料を使用します。特にブレーキキャリパーは造形が細かいのでスプレーで施行致します。マフラー正面は熱で汚れを吸着させてしまいますが掃除とても簡単に汚れが落ちるので安心です。ライトはハードコートの変色を防ぐ専用設計のコーティング剤です。シリカ濃度が非常に濃く硬いのでライト以外は不適用です。正面は虫など付着しますので作業で塗布せずにスプレーで施行します。塗装面はペースを合わせると3層のガラスコーティングをします。下の層に完全硬化型で表面に傷修復機能を持ったガラスコーティングで仕上げます。ニーグリップやグローブで触っても傷が付きにくい様にデザインします。

中古車での購入スポーツスターです。全体的なディテールはやや疲れた印象。まだ新しい車両ですが小傷が沢山付いています。フロントフェンダーを左手上から撮影した画像です。バックでも付けていたのか擦れて出来たと思われる跡と線傷が入っています。個人的には保護のシールを付けるなり傷を予防する方法は無かったのかと思う程酷い状態。独り言ですが細かい傷が付く事に気を付けないオーナーにはオートバイにコーティングなどの価値は理解出来ないと思います。

これはフロントフェンダーを正面から撮影した写真です。擦れて出来た後はすっかり無くなり線傷も殆ど気にならないレベル迄磨く事が出来ました。リヤフェンダーもスッキリ光沢が戻りました。タンクはこんな感じ。パーツが小さいので磨くのも他と干渉するのでとてもやり難いのがバイクですがこの様に雑に扱われた傷だらけの中古車も手間と時間を掛ければ相当変化します。車両の見た目が変われば価値そのものに影響しますので掛かる費用など無かった事になる位価値が上がります。エンジンにもコーティングが掛かっています。ガラスコーティングの耐熱性は250度以上ありますので全く問題ありません。直接塗布するとムラや塗り残しが出る為スプレーで行います。見える所だけじゃなくエンジンの下やフィン、マフラーなど自分が使っていた経験から掃除しづらい箇所や汚れがこびり付く箇所などには重点的にします。ホイールは勿論の事オートバイこそコーティングをするとメリットは大きいと思います。

通算で5台のオートバイのコーティングさせて頂いてるお客様からリピート施行でした。

年々オートバイのコーティングはアップデートしていまして今回もこだわりの施行をしたいと思い施行料は度外視で思いっきりやりたい事をさせていただました。ヘッドライトとカウルはエンポリが素材ですので経年劣化で黄ばみを防止の専用コーティング剤を使用しました。エンジンやホイールにはガラス濃度を濃くした特殊配合のコーティング剤を使います。濃度が濃いと塗装面にはムラになったりするので不向きですが小さいパーツなどには有効でモニターでは殆ど鉄粉が付かない、欧州車など酷いブレーキダストで困ってるユーザーからもかなりの評価を頂いています。マット系の塗装面には普通のコーティング剤は塗っても直ぐに吸い込んでしまい逆に変な艶が出てしまう為にマット専用のガラスコーティング剤を使用します艶はありませんが表面の密度が高くなるのか見た目は深みが増し重厚な質感に仕上がります。下廻りは手の届かない細かくとても手による施行はやりにくくコーティング剤はガンでのスプレー施行をしていきます。

オートバイは平たい部分が少なく塗装面は手作業で対応しますがその他の作業がしにくい個所は全てスプレーを掛けて隙間を作らない様に徹底して汚れを阻止します。

自らの経験から雨に遭遇してしまった時にいかに早く簡単に綺麗に出来るコーティングを作りたいを形にしてみました。

塗装面は三層に重ねて施工する事で艶々とした美しい仕上がりにします。

新車を購入され、最近では車同様オートバイにもコーティングを注文される方が増えて来ています。

タンクやカウルなどにコーティングする位なら大した手間では無いのですが一番汚れて掃除しにくい部位はエンジンやマフラー、スイングアームなどでブラシや手の届かない箇まで隅々までコーティングを施行致します。

とても簡単な手入れで直ぐに綺麗にリセットできるのがメリットです。

今回はマット塗装なのでコーティングの吸い込みがあるのでマット対応のコーティング剤を重ねて重ねる作業を繰り返します。

エンジン、マフラー、ホイールは手による塗布を手の届く範囲で施行し細かな箇所はガン吹きで行います。

複雑な造形のオートバイでは大きさこそ車より小さのですがとても手間の掛かる作業となります。

正面は虫など付着しますのでしっかり対策をするのも重要ポイントになります。

雨のライデンクに遭遇するとコーティングの絶大な効果がきっと分かると思いますし特に長距離での雨です。後から洗う事を考えたたまけで面倒で先延ばししたくなりますが洗車が楽しくなる程簡単に汚れが落ちます。

オートバイのコーティングは違いのわかる方にはとても価値のある選択と思いますのでどうぞご自身のオートバイにコーティングを検討してみて下さい。

オートバイ乗りなら分かると思いますがもし途中で雨に遭遇したらその後の掃除がとても大変です。特にマフラーやエンジンなど熱で汚れがこびり付いてしまいます。ホイールやブレーキ周り、手やブラシが届きにくい箇所など掃除だけでかなり面倒な作業になります。

チェーンのオイルなどホイールに飛び散りそのままにすると見た目が悪く気持ち良く乗れません。

当社が施行するのはポリシラザンをペースにエンジン、マフラー、足回りなとを含め全てガンでスプレーし塗布します。その上からオートバイ用に開発した硬度6〜9相当のガラスコートをガンで二層にします。残り二層は艶重視タイプと防汚性能重視タイプのガラスコーティング剤をハンドメイドで塗布致します。

何に拘って施行しているかと言いますと見た目の美しさと高性能な防汚対策です。

長い期間、綺麗を維持できるとは価値を落とさない事に繋がります。

室内保管が多いと思いますが雨の日のライディングの後エンジンやマフラーなど汚れが付いて掃除が大変です。

オートバイを入手したら最初にエンジン、ホイールを含め全て丸ごとコーティングする事をお勧めします。

タンクなど艶のある美しいパーツは念入りに磨きます。コーティングは硬度があるため傷からも守ってくれます。しかし更に傷からの防御はプロテクションフィルムを貼ってガードする事も出来ます。

今回は125ccにコーティングを施行しました。

小さくてもホイールやエンジン、スイングアームなど雨のライドで汚れると掃除しにくい箇所にしっかりガン吹きスプレーで何度も重ねて塗布致します。マフラーなど汚れが付着すると取れにくいのですが簡単な水洗いでリセット出来ます。ハンドル回りは重要箇所でメーターなどにもコーティングが施されています。コレで雨に当たっても大切にされてるバイクはいつも綺麗に保たれます

既存車のコーティングです。多少の使用感がありタンクやフェンダーに小傷があり小型のポリッシャーで念入りに磨きます。

オートバイは細か過ぎるので手によるコーティング塗布が難しく当社ではガラス濃度を変えて4層になる様にスプレーする方式を行っています。

オートバイは趣味そのものなので誰もが納得するクオリティの高い商品を提供しないと行けませんので徹底して磨き上げます。

スプリングやアームの奥やエンジンの細部、マフラーなど雨のライティングで汚れがこびり付く心配はありません。普段の手入れもとても簡単でいつまでも綺麗な車体を楽しむ事が出来ます。

マット塗装に対応したガラスコーティング。マット塗装はコーティング剤を吸い込んでしまう為濃度の薄い順に4行程に分けてスプレーして行きます。汚れが付くと中々掃除がしづらいのがオートバイの難点を楽に洗車することと新車の状態を長く保つ事が出来る画期的なコーティングシステムとして提供しています

z900rs のコーティング施行の紹介ですオートバイは全て露出していますので隅から隅まで手の届かない細かな箇所まで全てコーティング致します。エンジンのフィンや足回り、ブレーキなども全て。

リヤライズガラスコーティングは4タイプのコーティング剤を層になる様重ねていきます。

ホイールに付着する鉄粉は殆ど付かなくなり少量は付きますが水て簡単に流せます。今回は傷から車体やライトを守るプロテクションフィルムも施行しました。写真では確認が出来難いのですがエィブリの傷を自動修復機能の付いた透明なフィルムを装着してあります雨の日のライドを繰り返しても決して汚れが付着しない最高のコーティングです