車検を機に一度キレイにして置きたいどの事でパールのフォレスターを預かりました。

予算にも少し余裕を取ってあるのでセラミックコーティングをする事になりました。

この手のカラーは誰が見ても一見キレイに見えてしまうのですが良く見てみたら無数のウロコが全体に貼り付いています。拡大しても画像では中々伝わりません。仕方なくシングルポリッシャーを使い研磨してみますがウロコはかなり硬く取る事が出来ません。右サイド運転席側ですが水平面より多少ウロコは少な目。

シングルポリッシャーも大型で重たいタイプとバフも固め、コンパウンドは荒目で回転を落として少しずつウロコを削り落とし荒目から細目に変化させマシンも変えながら徐々に艶を出して丸々一日掛けて磨き仕上げて行きました。ようやく本来の艶を取り戻しセラミックコーティングで保護します。

どう扱っていたらこの状態になるかは良く分からないのですが久しぶりに大変な作業になってしまいました。

美しい状態になり、また愛着を持って大切に乗って頂ければ幸いです。

ディラーでのコーティングが余りやりたくないと言う事でご指名を頂きました。

新車が到着して直ぐに施行に至りましたがボンネットと天井など花粉でしょうか?少しざらついている塗面で合わせて下地処理を行いコーティングを塗布する環境を作って行きます。

新車と言えど油断してると拭き跡や細かい傷等付いているのは良くある事で見逃さない様に入念にチェック致します。

今回はディラーで施行するコーティングを絶対超える感動と完成度を託されているコーティング施行専門業者のプライドが掛かっています。

セラミックコーティングですが当社のオリジナルの施行メニューで表面の硬さ、防汚性能、酸性雨等からの耐久性、見た目の美しさ等をトータルで見た場合にこれぞと言う複数のコーティング資材を組合せた内容にしました。コーティングの施行性能は第三者機関で鉛筆で引っ掻きテストや板に塗布して曲げてみたり鉄玉を落下させたり酸に付けて溶けたりしないかなど10項目以上のテストで合格し異常なしの証明書が付いていますのでご希望の方に実際に見て頂き納得してもらっています。

当社セラミックシステムの注目は引っ掻きテストでデーターでは最高硬度は6Hです。手で触れると表面がツルツルとして滑らかなのは歴然でテフロン加工のフライパンの表面の様な手触りでホイール等に施行してやると鉄粉が殆ど付かなく流れ落ちて行きます。

硬度が6Hだけではなく表面が汚染されにくいので鉄粉が付き難いのだと思います。

このコーティングの仕上げならお客様も喜んで頂けると営業の方に太鼓判を押されました、よろしくお願い致します。

先に奥様の車両を磨かせて頂き仕上がりが良かったのでご主人の車両もコーティング施行に至りました。新車の時にディーラーでしたコーティングですが手入れをしないと疲れた雰囲気に。今回は劣化した表面を磨き気持ち良く乗ってもらう為に頑張ります。

透明感が復活し美しいディテールになってきました。ウォータースポットがかなり酷く平坦にする事が困難です、それは表面に付いた水がレンズの様になり太陽光の熱で塗装が萎縮した為とても固くなり磨きが効き難い状態です。

それでも手間は掛かりますが細かく工程を分けて磨くと綺麗になって行きます。白見えるのは触媒をスプレーしたあとです。触媒は汚れを浮かせ雨が降ると流れてしまう自浄作用があります。水道水を掛けて洗うのとは違い雨で流れて落ちるのがポイントです。理論上何もしない方が何となくいつもキレイな車となります。

最近のコーティングは何層にも重ねて皮膜感を出し撥水させて汚れが付き難い仕上がりが喜ばれますが撥水はしなくても手入れをしなく放置してても綺麗ににしたい等様々なニーズがありますのでご相談に応じて施行して行きます。

出たばかりのスイフトが納車になったのでそれなりのコーティングとの依頼です。

少しシミが付いていたのとルーフに拭き傷がスーッと長く一本入っていました。傷は薄いのですが割と深めに入っていて小型のポリッシャーで消しましたが最初のスポンジバフでは歯が立たずウールでやり直してスポンジで整いて置きました。画像は仕上がった施行済の状態ですがセラミックは表面の硬度は6H以上となりソリッドの黒は推定2Hと言われていますので単純に3倍以上の硬さとなりそれを二回重ねていますので耐擦り性能や防汚性能が著しくアップします。

艶が無くなってしまったので磨いたらキレイになりますか?という案件でスタートしました。

現車を見たらどうやら洗車機の何とかコーティングって言うのを愛用している様子。

水の弾き方と白っぽくボケた印象なので間違いないと思います。半分だけ磨いてみました。元は左の色ですがワックス洗車を繰り返すと段々色が濁ってきます。洗った瞬間は水が弾いて綺麗になった感じはしますが実は徐々表面が酸化して艶を失って行きます。ドアハンドルの中も爪で傷だらけになりがち。特殊なツールを使い細部まで磨いてみます細かい事ですが綺麗になってると嬉しいと思います。ここまで2日掛けて美しい姿に仕上げ行きました。トヨタ202ブラックは磨き工程を増やして手間を掛けてやらないと太陽光に当たるとムラが出るので気をつけなといけません。

車に乗っていてもお手入れが面倒くさい。洗車をする準備から初めて終わる迄の時間を休みの日に半日程度使って掃除とかする事を考えたら洗車機に入れてコーティングしてあるから大丈夫だろといつの間にかにか艶が無くなり薄汚い状態になってしまうなど結果はそちらの方向に向かいます。

触媒機能を使い車を綺麗に保つコーティング施行があるのですがご存じでしょか?

5年間程その様なコーティングをしてた時期がありましたが再びその様なニーズにお応えして光触媒のコーティングを再開致しました。

触媒は少し車用にアレンジを加えた物ですが全く問題なく施行する事ができます。素材はあらゆる分野で大活躍をして信頼出来る商品と言う事はわかっていますがそのまま使うと少しやりにくいからです。

お手入れは余り出来ていないと本人談。色が少しボヤけてウォータースポットやシリカスケール等が沢山付いていますので磨いてコーティング迄持って行きます。ご覧の様に見事に復活し美しく赤が映えます。表面を乾燥させ光触媒を全体的に何度も優しく吹き付けて行きます触媒が乾燥すると独特な手触りなので直ぐに分かります。完全乾燥は3時程度でタオル等で拭いても取れる事はありません。性能の期間は3年程度で使い方にもよると思います。

光触媒は雨に当たる事で汚れの下に入り汚れを浮かせて流すと言う性質なので青空駐車ユーザー向けの方、全く手入れをしない方に喜ばれる商品です。

雨が降らなければ洗車をしない限り薄汚くはなります。但し水道の水を故意に掛けたりするのはシミになりますのでやめた方がが良く、自然に雨が降るのを待つのが1番キレイになります。

気になる方は是非ともお試し下さい!

光触媒でのコーティングは以前から沢山の車に施行した実績があって触媒の効果は凄いと言う事は知っていました。

最近のコーティングでは撥水性に注目が集まり水弾きが少ない親水性のコーティング施行が人気薄になっていますので積極的に販売はしていませんでしたが光触媒を取扱いのある方と商談がありその効果を為す事になり今回施行致しました。

触媒での施行はどんなユーザーに向いているのかと言うますと「全く車を構いたくない」その一言に尽きます。

車を洗車したりあれこれいじるのが面倒くさいけどキレイにしておきたいと言う都合の良い人に適していると思います。

なので乗りっぱなしの方に是非この究極のコーティングをお勧めします。

何故なら自浄作用が触媒の機能にありますので車が汚れても雨に当たる事で勝手に汚れが落ちてしまいます。鉄粉も少しは付きますがいつの間にか取れてしまい何だか何時も一定的に綺麗になっています。勿論、青空駐車していても大丈夫と言うより青空駐車してる方が車は綺麗になるかも知れませんね。今回の車両は触媒をと扱いされてるご本人の車両で洗車はしていなく乗りっぱなしなので実験にはかなり適した様子。勿論、隅々まで徹底的に磨きベースになる親水性のコーティングで仕上げて触媒をスプレーで吹付けて塗布して行きます。室内も触媒を塗布すれば雑菌の繁殖や不快な臭いの発生を抑える事が出来ます。

スプレーで触媒を塗布するメリットは隙間にもコーティングが行き渡る為、フロントのグリルやライト周り、排水経路など汚れが付きやすく奥まった箇所にもアクセス出来るので隅々まで汚れ防止になります。

洗車が面倒で何時もキレイに車を乗りたい方が興味持たれたましたら是非、光触媒のコーティングで問合せ下さい。

新車のフィットを最高グレードのセラミックコーティングシステムを施行致しました。最高グレードとはベースにしているコーティング剤を何にするかで当社では位置付けしています。数行程の中でベースに何を使うかで耐久性や被膜感などに差が出ます。予算や車両の保管方法や使い方等をお聞きして提案させて頂きます。最初から少し余裕があるのであれば今現在、当社で一番良いヤツを施行されたら間違いはないと自負しています。新車でしたがクォーターに少し深めの傷があったので綺麗に磨き消して置きました。冒頭で説明していたベースもトップコートもVOCフリーで溶剤等で薄めてあり乾くと硬化するコーティングではありませんので環境に優しく鼻を突く様な臭いもありません。透明感が素晴らしくとても深く艶やかな仕上がりになります。ミニは年中青空駐車でボディの負担が大きいので定期的にメンテナンスと再施行をさせて頂いています。ボンネットのストライプが飽きたそうなのでこちらも貼り直します。赤が増えてご本人にも大変喜んで頂きました!お任せのセラミックコーティングシステムを施行しました。外に出すと黒ボディが引き締まって見えます

販売済みの車両のディテール仕上げを任せて頂きました。

写真の撮り忘れで何とも分かりにくいかと思います。リヤガラスから天井までガラスになっていますので(屋根全体がサンルーフになっています)室内が明るいのでリヤガラスと天井をスモークで囲む作業を致しました。フィルムの面積に限りがあるので二つ繋ぐ様な施行を致しました。昔ピカソと言う車でフロントガラスから運転席頭上までガラスになってる車のフィルムを施行しましたがそんなイメージの施行でした。

次にシートが黒で合皮で出来ていますが擦れや劣化でシートを保護する目的でインテリアガードと言う耐擦り強度を上げる施行です。白やアイボリーなどにジーパンなどで乗り込むうちにジーンズの色移りを心配される方など効果をあげる事が出来きます。

そして全体的な仕上げでボディコーティングです。コーティングとはただコーティングを塗るだけではありません、全体的に傷取りや鉄粉などの除去、細部の水垢や使用感を徹底して取り除きシャキッとさせて行く事が専門のショップのコーティング施行を指します。天井全体がガラスになっててウロコの様なシミが幾層にもなっていましたので先にガラスを磨いてウロコを取り除きボディの研磨を行って行きました。

コーティングの種類は予算の関係上普通のガラスで良いとの事でPCX-S9を施行

艶の質は自然で透明感があり撥水は普通ですが傷を逃す性能があって押されたら戻る機能で傷を自動修復しますので洗車傷など付きにくい仕様です。 ドア回りにあるアルミモールここが白錆が出てとても古く感じます。本来この作業は別途なのですが軽く磨いてやりました。本来の作業とは番目が荒いペーパーで徐々に細かくして最後はメタルコンパウンドで仕上げて行きます。大量の時間を消費致しますので徹底的にとは行きませんが多少綺麗にしておきました

今まで白しか乗っていなかったから良かったのですが黒い車にした途端に汚れが気になる様になったとご相談頂きました。洗車機を利用してるそうですがこれが原因かな?と思っていましたがどうもガラスコーティングの初期トラブルかと思います。

ディーラーで施行してもらったので相談したらコーティングなどこんなもんですよ、こんなものとは(笑)

ウォータースポットが初期に出来る、または出来てしまった事が不満であればそれなりの対処をしてもらいたいのですが絶対にそう言ったものが付かないと保証する事ははやはり難しいと思います。以前はこの様なトラブルを避ける為に親水タイプのコーティングが登場しましたがやはり撥水タイプが圧倒的に人気があります。

このバランスを調整する技術としてベースの作り方と多層構造のコーティングを開発しました。

ベース層はシリカ成分が98%で48時間で完全乾燥します。

トップコートはセラミックを含有したコーティング材を密着させて二層にします。揮発性有機化合物を含まないVOCフリーの液剤で環境にも優しい仕様で完全乾燥が4時間と非常に短く次の日に雨が降っても雨の納車でもトラブルが起きる事は少ないと思います。

自社の車両で実験した所いくら乾燥が早いとメーカーが言っていてもやはり艶や手で触った感触は1週間程経たないと安定したと感じはしませんのでそれまで洗車機に入れるとか木の下に止めて樹液を付けない、井戸水を掛けるなどは止めた方が良いと思います。

車両の修復はほぼ出来ました。しかし特殊な光に当ててみたら薄ら目立たない程度にスケールの跡はあります。

バフで磨くも捉える限界があるのでこれ以上追うのは止めた方がいいと思います。当社のセラミックコートシステムはベースのコーティング剤を変更する事で価格設定も手頃な金額からハイスペックまで選んで頂ける様にしています。

どの仕様にしても高性能撥水タイプです。水玉が100度でキレイな球になるので雨が降るとコロコロと下に落ちて汚れも一緒に落ちてしまいますので洗車を多少サボっても何時も綺麗な状態を保ちます。透明度があり艶やかな仕上がりになりお客様も一目みて前のコーティングと仕上がりが全く違うと大変喜んで頂けました。