まだ旧車にはならないのですがリピーターの方が磨いて欲しい車を購入されたので早速。塗装がボヤけてしまい劣化も随分と進行していましたがチョーキングまで行っていない状態です。この状態から磨きを入れてどこまで回復させるかはそれなりに大変でしたが細かい水垢の除去や映り込みの角度を変えながらムラなく磨き上げて全体のバランスを整えて行きます。この一台の車に対して3〜5台のポリッシャーを使用し3日程の時間を掛けて仕上げまで持って行きます。急ぎは出来ませんので今日預かり明日に納車を希望されるお客様には良い仕事が出来ないので他所でやってもらって下さいドア内もキレイにします。これは本物の旧車です。触って見てわかったのですが塗装がとても硬いです。

ポリッシャーが滑ってしまい傷を捉える事が出来ません。推測ですが塗装が経年で萎縮して硬くなったか何か塗ってあるか?でしょうか?

久しぶりのシングルポリッシャーの出番です、しかし滑ってしまい完全に傷にアクセス出来ずこまりました。結局少し重力のある逆回転ギヤポリッシャーでゆっくり目の回転と12センチ程のバフの小型ポリッシャーを交互に使い分け傷を抜くイメージで仕上げて行きました。テールランプは樹脂で出来ていますので容易に磨く事が出来ましたので濁っていた表面は透明感が復活し美しいテールが決まりました。ご自宅まで積載車でお届けし完了です!ありがとうございました。

登録から10年以上経った車両のコーティングでした。

塗装の表面は酸化してカサカサした感じになって来ていますヘッドライトも変色して黄ばんでいますので同時にリペアします大切にまだ乗りたいと言いう思いに答えたいのでしっかり磨いて綺麗にしていきます。どちらの車両も一日では時間が足りませんので二日程時間を頂きます。

綺麗にしたいと依頼を頂いても予算を幾らでも掛けれる訳ではありませんのでお客様と価格の相談をしまして実行致しますのでどうぞ御安心を。

車を綺麗にすると回りからの反応がかなりあるそうです、とても喜んで満足されました。

最初にご紹介したいのはホンダのS660です。程度の良い車両は今も高値で取引されていて軽でありながら本格スポーツカーです。走行は少なくとても状態が良く極上車です。しかし3年程経過していますので少し表面が酸化してボヤて見えます。

ミドルレベルでのポリッシングを行い三層のセラミックコーティングを施工致しました。滑らかな流れる様な美しい光沢はセラミックコーティングならではです。

美しいディテールは車の価値を高めるのは間違いありません、見た目良くすることは凄く大切なチューニングのひとつです。

ホイールは一度脱着し裏までクリーニング後にプライマーでコーティングの足付けを行いセラミックでコーティング致しました。

2台目はデスラーモデル3です。

こちらは当年に納車されたほぼ新車なので塗装の酸化は無いものの大気に晒されていましたのでライトポリッシングを行いセラミックを二層にしました。

塗装の色により表面の硬さが違うので今回の車両は二層でも充分な性能が期待出来ると思います。

厚みがあり透明感がとても美しく是非手で触れて欲しいと思います。

セラミックを提供して一年以上経ちメンテナンスに再入庫した車両を細かくチェックすると鉄粉の付着がとても少ない事に驚きます。

科学的なデーターは無いのですが多分、密度が高く表面の硬度と耐候性に優れているので時間が経っても初期のコンディションを長く維持している為ではないかと思います。

セラミックコーティングを施工頂いたメンテナンスを行いました。

3Mのセラミックコーティングを施工したのですがカラーが良かったのか手入れが良かったのかコーティングが優れているのかのどれかでしょうがウォータースポットや染みの様な形跡が殆ど見当たらないのに驚きました。

撥水はかなり落ちていますが全く弾かない訳ではありません。

一番撥水が落ちやすいのは雨の日に走ると圧力が掛かる両サイドドア下部分

しかし鉄粉の付着もとても少なくガラスコーティングとの性能差は明らかです。ご覧の様に透明感のあるボンネットは染みらしい物は無いに等しく軽くセラミックコーティングを塗布すると施工時そのものに戻った様に輝きます。セラミックは環境汚染から強く守るのでメンテナンスもガラスコーティングより簡単に楽に作業が完了します。こちらは自社の車両ですが洗車は汚くてしょうがない時にしかしません。

今回は久しぶりに手洗いしコーティングの状態を確認注いでにメンテナンスも行いました。ボンネットには染みや気になる付着物はありませんでした。グリルに少し薄くイオンデポジット、簡単にリムーバーで除去出来ました。とても良いコンディションでした。

セラミックは重ね塗りが可能で被膜も厚く出来る事が特徴なので艶感が従来のコーティングとは違います。

当社ではコーティングの組合せや重ね方を工夫し、より満足の高いコーティングを提供出来る様にしていますので是非ご相談下さい。

3年程前にコーティング施行でお世話になりましたオーナー様から再施工のご依頼です。

ぼんやりした塗面と細かな洗車傷が沢山入っています。

水滴が弾き方で洗車機のワックス等を使用してるのではと思います。

どうしても洗車は時間が掛かるし手間なので機械で洗いたくなります。とても理解出来ます。

洗車機のコーティングは繰り返してると酸化してボヤけて来ますので要注意です。濃紺色車は磨きの作業傷が出る可能性がありますので磨きを入れて行かなければギラギラしますので慎重にフィニッシュに持って行きます初めての施行から三年も経つとコーティング施行技術もかなり進化していますので最新のコーティングをお楽しみ下さい!以前に別の車両でコーティングを受注施行頂いたお客様の別車両のリピートです。

この車両も洗車機だと思います。色がボケてる、不自然な水弾きはなんとも怪しい

細かな所までワックス成分が入り込み全て取り除く事は大変困難です。シルバーは磨き込むととても美しく輝きます。ご本人もとても驚いて喜んで頂けました。施行コーティングは定番のV110にしました。最近ではベースコーティングとして使用していますが濡れ艶と言うのでしょうか?深く透明感のあるオリジナルは他のコーティングでは表現出来ません。他社からの施行に満足出来ない方からの問合せも増えていますので是非ともお試し頂けると嬉しいです。

セラミックコーティング4層で仕上げた車両の紹介になります。

当初触媒での施行を基本されましたが予算が許される範囲であればセラミックの多重層コーティングであればセルフクリーニング機能が活性化されてかなり洗車の手間が省ける説明をさせて頂きましたらセラミック多重層コーティングで決まりました。

鮮やかなキャンディーレッドですが一年以上経過していますのでどうしても小傷があります。

磨き仕上げからスタート致しますがマツダの塗装は一旦傷が入ると中々抜け無くコンパウンドやマシーンを次々と変え10センチのバフで時間を掛けてじっくり傷を修復して行きました。

日産の塗装と良く似ていて試行錯誤ですね。

セラミックはガラスコーティングと違い地層の様に幾多に分かれると言う事です。

ガラスコーティングは二度塗りすると溶けあってくっ付いてしまい層にならない見たいです。

確かに二度塗りしたら色が濃くなり細かな傷は埋まっているのでしょうか明らかにに雰囲気は変わります。

今回はそれを4回塗りしたのでとても手間と時間が掛かりました。塗り重ねるには理想の乾燥時間がありその手順に従う事でお互いしっかりと定着して強い被膜になる訳です。

膜が一つ増える毎に1Hの硬さが加算されますのでベースが6Hであれば計算上9H⁈測った訳ではありませんので話し半分にして下さい、今の所エビデンスは確認してませんので推測になります。

たまたま来店されたお客様がこれは凄い!と仕上がりにびっくりされた程美しく透明感に優れたセラミックコーティング4層コーティングです。

元の発色も素晴らしいキャンディーレッドなのでその潜在的なカラーを活かせたイメージですね、ありがとうございました。

新車時にコーティング施行を選択しなかったそうです。

納車後約1年程経過していましたので紫外線や酸性雨や大気汚染の影響をそのまま受けてしまうので多少のダメージはありました。表面が少し荒れていてウォータースポットも出来初めていて薄らとボヤけて見えます。必ずドアハンドルを使いますのでこちらも使用感が出ています。磨くとこの様にスッキリとキレイになります。ダメージが激しい箇所がリヤのウイング付近でウォータースポットの跡が無数に付いています。こちらは余り熱を掛けて磨くと塗装が剥げてしまう危険性があるのでトルクがあるギアで磨く事が安全でキレイになります。クレーター状の凹凸が除去され均一の面になりました。二層のコーティングで施行致しました。セラミックコーティングの最大の魅力は艶と表面の硬度が特徴で重ねて塗る事で硬さが増し傷や汚れに対する抵抗力を増幅させる事が可能です。

今回は二層で仕上げてありますが4層位迄は全く問題はありません。それ以上も重ねる事は可能でしょうが今の所余り意味は無いのかもしれません。

ガラスコーティングの被膜は1ミクロン以下に対してセラミックコーティングは最大で5ミクロン。

今回の仕様は2ミクロンですので被膜感は勿論のこと防汚性能も優れていましてセルフクリーニング機能も高く洗車は一月に1、2度程で充分にキレイな状態が得られます。

カローラクロスのセラミックコーティング。

新車で納車前に施行致しました。

花粉のせいかボンネットやルーフに雨染みの様な跡が無数に着いていましたので全体的に軽く磨き下地の処理を致します。

メタリックが入った紺色なので塗装自体は柔らかいのでちょっとした事で付いてしまってた小さい傷などはその場で磨き消してしまいます。

この様な濃紺色系は塗装が柔らかく、逆にシルバーとかは塗装が硬く、濃紺色は傷が付き易く、シルバーなと淡色系は傷が付き難いとなります。

下地が柔らかい塗装に硬いコーティングを載せると幾分表面硬度は高くなりますので傷の防止には随分貢献します。セラミック成分が多いコーティングは皮膜感がとても感じられヌメヌメした雰囲気を出してくれますので一味違うプレミアム感がお客様をとても喜ばせてくれます。因みにヘッドライトにもしっかりセラミックを塗布致しますので夏場の虫の付着も簡単な水洗いや雨などで落ちてくれますし汚れを自己分解能力は触媒では無いので機能はしませんが汚れを弾く機能がありますので雨で随分綺麗になりますので洗車はひと月に一度位が目安です。

故意に水道水を掛けて放置はいくら弾くからと言ってやってはいけません、シミの原因になりますので。

青空駐車なのとホンダのブラックボディなのでしっかりしたコーティングを希望されていました。

ディテールを全体的にダークな雰囲気にしたくライトのトーンダウンとメッキモールのラッピングも希望されています。納車されて間もないのですがあちらこちらにシミが出来てしまっています。

洗車しましたら細かな傷も付いていましたので全体を磨く事にしました。洗車してもシミは取れる気配が無いのですが花粉の時期や大雪が降った季節から見たらまだ良い方です。次にテールのトーンダウンを行いました。ノーマルの状態から専用のライトスモークを施工して行きます。ラッピングの素材と良く似ていてエアーフリーになっていますので施工も良好です。社外製品などと交換すると保安に引っかかる可能性もあるのでノーマルに施工するのが理想で剥がせば元に戻るメリットがあります。少し右と左に色の濃さの違いが確認出来ると思います。

施工が終わるとこんな感じ!

ヘッドライトの形状は見た目より施工は大変で数枚に分けて貼って行きます。

形状がいびつで奥まっていて長さも随分あるので貼り方をシュミレーションしながらの加工でした。

グリル周りのメッキ部分をラッピングして行きます。

今回は3Mより最新のハイグロスを施工していきます。質感はピアノブラックレベルでまるで塗装された様に深い艶が特徴です。貼るとこんな雰囲気になります。モールの施行も結構大変で帯を作って貼って行くのですか?と質問が来ますがカーブでシワが出来る等で余計に大変ですので面積分のピースを作成します、そこからくり抜くイメージで施行しますので材料は面積分必要となります。

カットも技術的にも難しく下地が綺麗に覆い被せる様に貼れないとやり直しになるので時間も手間も掛かってしまいます。

コーティングはセラミックシステムで施行し一連の作業は完了致しました。

納車は野外で行いお客様は大変感動され喜んで受け取って頂きこちらもとても嬉しく思いました、ありがとうございます。

免許を取って初めての車が新車のジムニーだそうです。

新車でも磨きを入れるのは微量な傷がある事が多くシミなどもあるのでそのままコーティングをすると定着や仕上がりに影響するからです。

新車と言ってもさっき出来たばかりではなく時間が経過してますし井戸水を使用した洗車機で洗って来てますので傷がつきシミが出来てても不思議ではありません。

他社を批判してるのでは無くそのままコーティングしてある車両がフィルム施行なので入って来きて何も下処理をせずに仕上がりになってる残念な場合もあります。

磨きを掛けてやると随分と透明感が生まれます。一手間でしょうが磨きのプロなのでこういっ状態の方が喜ばれるに決まっています。

セラミックシステム二層仕上げとフィルムも同時に施行しました。

セラミックは完全乾燥が4時間なので初期のトラブルのリスクが大幅に減少されます。トラブルとは?乾燥前に雨や気温が低い日に雨などに当たるとシミが全体に付いてしまう事があります。

取れますが面倒でやり直しが必要な場合があります。セラミックシステム二層仕上げは表面硬度は鉛筆硬度6Hになりまので傷等にも強く長期間美しさを保ちますのでとてもパフォーマンスに長けていますよ!