販売終了してしまい希少となってしまったs660の施行を依頼して頂きました。

コーティングはお任せ頂けと言う事でマストなお勧めのコーティングを施行致しました。

カーピューティオリジナル商品でPCX110V

この商品の特徴は深い艶と完全硬化型で撥水性能を持ち合わせています。

撥水の持続性は然程長くはありませんが艶々し昔のポリマーみたいに深みがあります。

今回は二層にしたいのでこれも素晴らしいオリジナル商品PCX-S8を乗せていく事にしました。

この商品の特徴は艶と撥水、耐擦り性能、防汚性が高く両コーティング剤が二層になる事で単体の持つ性能が驚く機能を発揮します。当社でこの二層のコーティングを施行しだしお客様の満足感が一気に上がりお褒めの言葉を多く頂き少し調子が上がっております。

当社での暴露実験や追跡インタビューをした所、汚れがつきにくいです。雨ですっかり綺麗になると沢山のオーナーさんから報告をもらっています。輝きが半端無く薄暗い駐車場でも自分の車が光ってるのですぐ分かる!など。

オーバートークと思われるかも知れませんが嘘だと思うのなら一度やってみましょう(笑)丁寧に磨きを入れてこの優れた商品のコーティングをすればきっと満足されます。もう一つ今回はヘッドライトの黄ばみ対策で新車のうちにヘッドライトにプロテクションフィルムを施行しました画像では透明なので確認しにくいのですが形状が単純な今回のライトは奥深くギリギリまで施行する事が出来ました。

当プロテクションシートは超耐久性と耐擦り性能が抜群で傷の自動修復機能を持っています。コストが高いのですが傷を高い次元でブロックしますので長い期間の保護や傷からの防御を担保しますので然程高くは無いと考えて頂ければ幸いです。

完全するとどこにプロテクションフィルムが貼ってあるか指で触らないとわからないレベルで仕上がっています。

お客様からのご紹介でコーティング施行とフィルム施行など一通りのディティリングの美装を依頼して頂きました。全体的ウォータースポットが発生してましたがクレーター状に凹なっている為除去は不可です。綺麗な車体ですがぼんやりと霞んだディテールなのでシングルポリッシャーで無理に磨かずギヤを多用しかなりの時間を使って念入りに磨き込みました。画像からも蛍光灯の映り込みが明らかに変化したと思います。

その他全窓にシルフィールドの断熱スモークフィルムと透明断熱フィルムを施行しましたので暑さ対策はしっかりしてます。ヘッドライトは上部がハードコートの劣化が進行していますが無理に削り落とさないでプロテクションフィルムで予防します。

クラシックなビートルの磨き作業の紹介です。全体的にボケた印象です。塗装は古い車両なのでオールペイントされてと思います。所々ゆず肌になっていて塗装のレベルは高くない模様ですがどの程度綺麗になるかはちょっと疑問でした。

画像を並べてみたら一目で綺麗になったことがわかる程、艶が出て綺麗に整った印象になりました。

シングルポリッシャーで磨いても良かったのですが磨きの痕跡を消す事や絡んでしまったコンパウンドを取り除く作業にかなりの時間を要する事を考慮した結果ギヤのみで時間を掛けて仕上げた方が結果的に早くなるだろと判断しました。随分と若々しく輝いきました、これなら喜んで貰えると思います!

海沿いの道路では鉄分の多い水を含んだ融雪道路の影響か塗装が赤茶けてしまった車両です。付着した鉄粉を除去剤で反応させると赤くなり下に垂れて来ます。手作業はとても追い付けない状態でした。

特に入り組んだパネルの繋ぎ目など酷い所はブラシで一つ一つ取り除かなければいけません。ドアの内側も徹底して綺麗にしていきます。五年経過、6万キロ超えでも磨きとコーティングで見違えるほどの輝きは可能です。

素人作業でミニのストライプを貼ったそうです。その為新たに剥がしと作成を依頼頂きました。

剥がしたついでに綺麗に磨きコーティングも施行しました。ボンネットやルーフは曲面を描いてるため真っ直ぐに貼るには困難ですし、シワの処理も素人では対応出来ない事もあります。使われていたシートは耐久性にも乏しい塩化ビニール製の様で剥がすのもかなり苦労しました。新しく貼ったストライプはエィブリィ社のラッピングシートで艶、施行性抜群で耐久性にも優れています。ルーフからリヤのドアまで綺麗に貼ると見違えるほどです。

予め車両に磨きを入れていますので随分と若返った印象になりました。

新車で購入されたそうですが青空駐車と豪雪で僅か2年でとても疲れた状態になりました。ボンネットは傷だらけでミニを可愛いく印象付けるストラップがボロボロになってしまいました。これを貼り替えでリフレッシュしたいのですが糊がベッタリ残りこれを取り除く事に。

この糊はフィルムなど施行する方ならやり方は分かると思いますがやり付けないと大変な苦労が待ち構えている程危険で難航作業になると思います。無事に新しいストラップと交換出来ました。

ボディはご覧の様に新車以上に輝きに蘇りました。ルーフとボンネットの状態はやはり青空駐車と言うことでかなりダメージが蓄積しアバタの様に荒れた塗面になっていました。

完全に修復は難しい限りですが細かな傷を取って滑らかな表面にしてあげる事でかなり良くなります。光沢の深さは丸で鏡の様に映り込みが美しくなりました。

納車時はここまでなるとは思わなかったとオーナー様もとても喜んでいただけこちらも嬉しくなった次第です!

オールペイントをされイカしたカラーでコーディネートされたお車ですが板金あがりあるあるのオーロラオーロラとは磨きをした際に出来てしまう微力な作業傷の事を言います。太陽光に反射してギラギラと輝いて見えます。板金屋さんでは塗装をした際に塗装に付いたブツを取る為に磨きを入れますのでこの作業傷を付けたまま納車される事があります。オーロララインを綺麗に除去し平らになった塗面です。画像でも確認出来る程映り込みが違います。磨きの価値はここに集結されても過言ではありません。保険屋はここの差を中々評価してくれないので腹が立ちます(笑)磨いてあるからまた磨きを請求するのはおかしいとか…

綺麗に磨くことは車の価値そのものを上げる事に直結します!太陽光に当てると更に美しいさせることががディテーリング屋の仕事です

長く大切に乗っていた前車両が錆びで直せなくなったので新車両は錆対策をきちんとやりたいと依頼を受け当社の扱うボルボ純正のノックスドールを施行させて頂きました。錆び易い箇所にしっかりと絡み付く様に分厚い皮膜で下回りを覆い被せるノックスドールは長期間錆びから守ります。使用する環境と使い方ではメンテナンスをお勧め致します。次にディテールの作業に移ります。

納車された際には既に磨きが施された状態でした。全体的整ってはいましたが絞り込みが少し甘くここから細かく時間を掛けて磨きを入れてみました。深みが出てライトの映り込みがシャープになりました。仕上げのコーティング剤はオリジナルでv-110とトップコートにs-8のダブル二層コーティング。光沢が深く完全硬化型と防汚性能と防擦り性能に優れた合わせ技で自社車両にも実験し安定した性能を確認した為お勧め商品にしています。施行した車両を紹介に使用させて頂きありがとうございました。

数年前にミラーにラッピングを施行した箇所が経年劣化でボロボロになり今回再施行とコーティングの依頼を頂きました表目のラミネートが紫外線で硬くなりめくれが生じた様ですが熱を掛けて行くと綺麗に取る事が出来ました。完成したミラーのラッピングは同じタイプのリヤルカーボンです。複雑な形状なので数枚に繋ぎましたのは後々の捲れや浮きが起こらない為です。

ミラーは小さく曲面が強く一枚で施行すると無理なストレッチを掛けますのでその箇所が粘着の限界を超え数日で浮いてしまいますので一枚に拘る技術では有りません。

残念ながら車両のコーティング作業の画像を取り忘れてしまいましたが綺麗になったととても喜んで頂きました!ありがとうございます😊

エブリの新車のブラックをコーティング致しました。特にこだわりのご注文がなかったのでこちらで黒に優しいコーティングを選ばせて頂きました。水の様な状態のガラスコーティングで塗布すると光沢が広がります。

鉄板ガラスコーティングで初期のトラブルは非常に少なく黒にとても相性の良い素材だと思います。

ポリシラザン等のガラスコーティングよりは光沢は弱いのですが施工性が良く安心で安定性が特長で当店では定番の商品です。