濃いレッドに完全硬化型のガラスコーティングV110オリジナルコーティング剤で施行致しました。V110はカービューティプロオリジナルで全国で1番売れている素材です。発色が強く陶器の様な濡れ肌になるのが特徴です。

ベーシックとして長く愛されています当コーティングなので全国どこのプロでも対応可能が強み。比較的に価格も抑えられながら撥水性や防汚性能は秀逸しています。

エクストレールのブラックにウロコが無数に着き出して何とかならないか?と言う車両です。日産のスクラッチシールドと言う磨く側にとって厄介な塗装です。クレーターの様に塗装をえぐる状態でもまだ浅いのですがフラット面は少し深刻な状態です。

傷を自動修復するスクラッチシールドにとって磨く行為は傷を着けてる状態なのでこれを鏡面状態にするのは根気と経験が必要になります。

ここまで綺麗にしてもらって本当に嬉しいと改めてお電話まで頂きこちらも感激しました。ウォータースポット防止に期待出来る疎水性のガラスコーティングを施行し納めました。

2年前にプロコーティングを施行された車両のメンテナンス作業です。

見た目的には薄汚れていて手入れを余りしなく青空駐車されているのか?

水垢などはないのですが所々青ゴケが生えててこれは青空駐車間違いなしと思います。

メンテナンスとはコーティングの栄養補給なんだと思います。ガラスの膜があるので水垢などは付着しませんがフッ素など艶の元が落ちてしまう為ある程度のタイミングで与えてあげるのがメンテナンスです。メンテナンスだけで疲れた印象からシャープに若々しく感じます細かな部分から内装も丁寧に掃除します。後ろ姿もスッキリします

色褪せた見すぼらしいプロマークも新品に貼り替えて終了です。

今回ご来店して頂きました車両はトヨタボクシー新車にエグゼエボワンを施行させて頂きました。

バールホワイトの大柄な車体ですので日常のお手入れも大変だと思います。

ご予算に合わせて二層式ガラスコーティングのエグゼエボワンを提案させて頂きました。新車納車後直ぐに入庫頂きましてありがとうございます!

塗面を整える為全体を丁寧に磨き上げコーティングを乗せる環境を作りポリシラザンのガラスコーティングを塗布し安定するまで乾燥させ撥水機能を強化しました二層目を塗布し一晩放置乾燥いました。

微妙に付いていた雨シミは事前に除去し新車以上の輝きで仕上げました。ホイールも雨シミがあったのでそれも綺麗に除去し艶出しを致します、

勿論、ドア内の塗装面にも全てコーティングを施行しました。

新車でも塗面を磨くと肉眼では確認出来ませんが塗面が平坦化され汚れが付きにくくコーティングのパフォーマンスがアップされます。ここが実は重要なポイントなんですね👍今回はホントにありがとうございました、またお待ちしています!

乗らない期間が長いオートバイを再コーティングいたしました。全体的マット塗装の当バイクなのでリヤライズマット専用コーティングと光沢部分に関しては細かい細部はスプレーガンで施行し100%全てコーティングで覆ってる状態に致します。タンクもフレームもマット塗装です。艶を抑えながら深みが出でます。ホイール、ブレーキキャリパー、雨の日に汚れがこびり付く事を防御する為正面からガン吹きでコーティングを塗布します。経年しても錆や劣化を抑える効果があります。雨の日のライドなどには特に効果が期待できるガラスコーティングです。

懐かしい車の登場でした。37年前、昭和57年のライトエースを施行する事が出来ました。とても状態が良くこの様な車体は本当に珍しいと思います。今回は当時のオーナーが自分で貼ったと思われるフィルムを剥がし、新たにブラウンのフィルムを施行して全体を綺麗に磨いて納車すると言うオーダーを頂きました。

古いフィルムを剥がすのにとても苦労し丸々1日の時間を消費しましたが苦労はここからで経年劣化が激しい窓枠のゴムから新しく貼ったフィルムにどうしてもゴミが混入し何度も貼り直す事に。全体の酸化した塗装はキレイに研磨し、塗膜に栄養を与えるかの様にポリマーを熱処理しながら練り込む方法で塗布。実はこの施行技術は20年以上前の施行方法で今は全くやり方さえ分からないと言うプロも多いと思います。フロントガラス三面にも透明断熱フィルムを施行し暑さ対策もバッチリ👌タイムスリップしたかの様な当時の美しい姿が蘇りました。とても喜んで頂き私も嬉しくなってやり甲斐を感じた瞬間でした、ありがとうございました😊

カバナのルーフラッピングとプロ、オリジナルEXEEVO-1二層化ガラスコーティングを施行致しました。赤いボディに赤基調のグラデーションルーフラッピングです。全く違う価値を生み出すMINIのルーフラッピングはカバナ独自のラッピングです。オシャレで大人っぽいイカした雰囲気になったと言って頂きました!細部までキッチリした施行に感動したと言って頂けると最高に嬉しい限りです。コーティングはベースと撥水層を二段に分け二層になったコーティングです。初期のトラブルを防ぐために独自の犠牲膜を塗布していますので雨の納車も乾燥時間を気にする事もなく安心納車を心がけています。

新車で納車前の施行になります。カーキーでMINIらしい素敵でオシャレなボディ色です。今回はEXE EVO-1を施行しましたので二層式のガラスコーティングになります。輸入車はどこのメーカーも船で運ばれてしばらく時間が経過しているので下地の処理を念入りに行う必要があります。個体にもよりますが通常の倍の時間が掛かってしまう場合もあります。フィルムも施行しました。施行難度は高くないのですが国産車とやはり勝手が違います。ダストが発生しやすくゴミ噛みが起こりやすくフィルムの材質など気を使います。外国車の価格設定がどうしても高くなる理由はこういった国産車と勝手がまるっきり違うと言う所だと思います。

エキサイティングなロードスターに二層式ガラスコーティングEXE EVO-1を施行いたしました。軽四でも大柄で施行時に台を使って施行する一方、今回は屋根は無しでその代わり低く車を持ち上げてやりたいくらいの低さ。おじさんに成るとこう入った若い頃に憧れてたスポーツカーに乗りたくなるのでてっきりオーナーはおじさんかと思いきや就職2年目のお嬢ちゃんでちょっとビックリ‼️誰の影響なんでしょう😊久しぶり欲しくなったスポーツカーを楽しく施行出来ました!ありがとうございました😊😊

お客様も艶と仕上がりに希望通りで価格以上のパフォーマンスがあったと褒めて頂きました。ありがとうございました😊

新車のコーティングですが塗面を整える工程を行うことは後々の仕上がりに影響を与えます。

こちらの記事を読んで頂ける方であればもうお判りだと思いますがその一手間二手間をカットしている施行業者やディラーが沢山あるのは事実です。

最近はその事をわかっていらしゃるファンの方に支持されて来てると自負しています😊今回は二層コーティングのEXE EVO-1を施行でした。勿論手抜きなど一切なしのガチンコ仕様です。艶、撥水性能は歴代コーティングの最高峰となっています。