ヘッドライトが数年で劣化して白くなったり黄ばむのを予防するのに有効な方法としてプロテクションフィルムを施行して置くのが良いと思います。

商品はエイブリィの透明フィルムですが過酷な環境でも3年はヘッドライトの劣化を抑制します。飛び石や傷からも保護しますので高速での移動が多い方にもお勧めします、、全体をフィルムで覆ってしまいますので貼ってしまえはその差は全く外見からはわかりません。

当車両はリヤテールも施行しましたけれどプロテクションではなくトーンダウンを希望されましたのでラッピングと良く似た素材の特殊なスモークを貼りました今回はミドルスモークでノーマルと比較すると少し何かしてある感が出ますね。

この下にライトスモークと上にスーパープラックがラインナップされています

1年前に再施工したミニを再施工致しました。24時間外に出している為、年に一度綺麗にして気持ち良く乗りたいそうです。春にメンテナンスはしてあるものの基本洗車はしないそうです。撥水性能は落ちてしまいましたがしっかりコーティングが塗膜の保護をしていますので劣化の程度は進んではいません。

一年前には見られ無かったヘッドライトの劣化は著しく明らかにハードコートの劣化でクラックが既に入っていました。

コーティングの施行後はこんな感じです、ポリッシングは3工程で行いました。傷取り作業も行いましたが表面の鏡面仕上げに重点を置いて深い艶を出す事を意識して行いました。

コーティングは三層です、前回の施行ではベースのシラザンを塗布する技術が無かったので今回は実行しました。追跡ではシラザンの塗布をする事で防汚性能が上がり雨ざらし状態でも撥水性能が長く維持します。見た目的にも性能の劣化が遅くなってるのを感じましたので採用しています。室内の除菌抗菌コートも施行しましたシフトノブ上のカップホルダーに材料を置いて噴射しているのがわかります。約1年インフルエンザ、新型コロナなどの抗菌をします。室内が白く煙で充満します。ヘッドライトはクラックを削り取ってしまうか少し悩みましたが今回はそのままプロテクションフィルムを貼る事にしました。車両が4年で未だ新しい事もありなるべくオリジナルを維持したいのが理由です。プロテクションは3年間太陽光がら保護しますのでミニの様に上を向いているライトには初めから貼るのが有効だと思います。窓ガラスのウロコなども全て取り除き作業の完成です。ピカピカになって気持ち良く乗って頂けます、ありがとうございました

ヘッドライト黄ばみ対策でカービューティープロ東京本部で座学と実習のトレーニングを受けた来ました。

表面の劣化部分をペーパーで除去し徐々に番手を上げて表面を整えていきます。

黄ばみだけなら良いのですがクラックの除去には対応出来ない設定でしたが当社では数年前からヘッドライトリファインで深いクラックの除去から再生させる技術を持っていますのでユーザーの選択肢としてのアップグレードとして捉えています。

ヘッドライトリカバリーは劣化したハードコートを完全に除去しその代わりとなる被膜をアクリルコートを塗装して再生させる技術です。アクリルコートはヘッドライトのポリカネードに密着しレベリングする専用に作られた新しい商品になります。とても綺麗に仕上がるので新品に近い雰囲気を出しますが欠点もあって吹付施行の為少しブツが入ってしまう事です。

新車や劣化前でしたらプロテクションフィルムを施行する事で長期間予防できますので選択が増えてることでニーズに対応していけると思います。

ヘッドライトは樹脂で出来ていてその劣化や傷から長期に亘り保護する目的で表面にハードコート処理が施してあります。それが寿命を迎えると徐々に黄ばみや白濁して表面にクラックが入ります。サイディングで取り除かないと美しく元の状態には戻り難いのですが、クラックの除去方法が難しく表面をペーパー等で取り除けばと言う簡単に出来る物ではありません。

12年程を超えた車両はクラックが激しく入り込み再生しても満足出来る状態とは言え無いかも知れません。この辺りの経過年数がボーダーラインなのかも知れません。

最終的な処理は3パターンあります。再生後1番美しい状態で長く維持出来ると期待できそうなヘッドライトリカバリーと言う商品です。フィルムを貼ったり擬似ハードコートを焼き付ける方法とは違いハードコートそのものを作ってしまう方法です。

サイディング方法は以前の通りですが1番最後だけが違うやり方ですので実際の車両を確認し予算でご相談したいと思います。

10年程大切に乗ってるいる車両でご紹介で来店頂きました。運転席側の方が状態の方が悪く黄ばんでクラックが少し入っています。助手席側は全体的に曇ってこれから変色が始まる手前でしょうか。1000番程のペーパーを当てて表面の劣化部分を取り除きプロテクションフィルムで覆ってしまう方法も提案しましたがクラックが少し入り初めていますのでそう言った根本的なリペアを望んでいらっしゃる様なので180番のペーパーから今回はサイデンクを行いクラックの除去と徐々に番目を上げリペアする事にしました。黄ばみはすっかり除去され新車時に見た美しいヘッドライトが再現されました。元々程度は良くボロボロから再生させた素材と違い復元の質は高くなります。リパアと言え勿論限界はありますのでライトの形状や劣化具合などご相談の上施行させて頂きます

黄ばんだり白くなって見た目が残念なヘッドライトの修復です。どんなものでも直ってしまう魔法はありませんけれど期待に応える仕事を心掛けています。

登録から12年を超えるとリペアにも限界も多くなりますので予めお伝えしてありました。場合によっては中古を買って直すと言う手もありますがやはり10年以上経つ車両は中古もろくな商品がありません。かなり強烈なクラックが入っていましたけどこれは既にクラック除去の限界を超えていました。しかし全体を通して全体のクラック8割程度は除去出来ました。

通常2時間程度で終わる作業が今回は倍の時間が掛かりましたがこの様な古い車両でもそれなりに綺麗になる事が証明されました。ライトを付けても目立つクラックは無くなっています。施行前と比較すると一目瞭然ですね、頑張った甲斐がありました、ありがとうございます。

愛着があってとても手放せない大切なお車だそうです。少しでもお役に立つことが出来そうです。

ヘッドライトが劣化してしまいライトが暗く夜の運転に不安があるそうなのでヘッドライト修復の依頼を頂きました。外車のライトは表面に施してあるハードコートは厚くて硬いため劣化すると国産車より扱いがやりにくくなります。

表面をサイディングしていきますがクラックが無数に入っていてちょっと削る程度では元に戻りません。均一にクラックの多い箇所を常に確認しながら行っていきます。この仕上がりまで出来るまでの過程には幾つもノウハウが存在します。他社で施行した仕上がりも何度も見ましたし実際高い料金を支払ってまた曇ってしまった商品なども確認しましたがヘッドライトリファインは表面の美しさが断トツに美しく仕上がりますので安心して頂いて大丈夫です。

ヘッドライトが黄ばんだり白くなって見た目的に著しく衰えた感じになってしまいます。

何とも感じない人ならそれでそのままにしたら良いのでしょうが商品となると話しは変わってきます。

ポルシェのヘッドライトユニットだそうです。値段を聞くとビックリしてしまう金額です。20万位でも凄いと思いますがそれは国産のレベル

その高価なライトを手軽に交換してユーザーに渡せるなら良いのでしょうがやはり中古車なのでリペアで対応できるものならそうしたいと考えます。

今回はレンズを外した状態で行って行きます。レンズと本体はバラ売り出来ないそうです。クラックが所々に入っていますので一つ一つ消しゴムで消す様に除去します。レンズだけなのでライトを当てて確認をします。本体に付いてる場合はライトを付けて行っています。ペーパーの番数を荒いものから細かい物に徐々に変えて行きペーパー目を消して仕上げに向かいます。蛍光灯の写り込みもシャープになってるのが確認できます。近くで見ても全く別物になったかの様に再生されました。この施行方法は他社でやってる工法とは全く違う事をお伝えします。他社で同じ様な物と一括りで一緒にしないで欲しいと思っています。何故なら数万円出したが直ぐ曇ってしまったとかクオリティーがいまひとつなので再施行にと持ってこられ施行後の満足度に自信を持っていますので似て非なる物と思って下さい

立ち入り防止のトラ柄ロープが張ってある事に気がつかなく誤って侵入してしまいライトとボディにロープの跡がついてしまった事故です画像では大変分かりづらいのですがライトには縦に線傷、ボディにはボンネットからルーフまで無数の縦傷が付いてしまっています。範囲が広く擦り付けた跡で圧力が掛かった様です。

シングルポリッシャーでどこまで消えてくれるか検証してみた所少し深そうな箇所はコンパウンドを変えてみたりして何とか消えてくれましたので浅そうな箇所はギヤアクションなどで消えました。次いでにシミとか小傷も綺麗にして仕上げて置きました。

ライトは完全に線傷が入ってしまっていますのでヘッドライトリファインの出番かと気持ちの準備をしていましたがバブレックスで優しく削っては磨きを繰り返した所、完全に修復完成しました。万が一バフレックスで取れない深い傷なら一気にハードコートを削っても元通りに出来る自信がありましたので今回のケースはラッキーでした。因みにライト一つで10万円だったそうです。

ポルシェのライトだそうです。全体がくすんで細かいクラックがちりめん状に入っています。外車のライトは国産とは違い表面のハードコートが固くて厚みがあるので特殊サンダーで落とさなければ磨きが出来ません。クラックをほぼ分からないレベルまで除去することが出来ましたが場合によっては車体に装着してる状態では細かな部分は他のパーツが邪魔して追込みが出来ない場合があるので取外してからの持込みあるいは別途工賃で脱着しての施行をお勧めします。クラックを100%除去出来る保証はやってみないと分からないのが正直なコメントです。しかし車の印象や価値、パーツの価格を総合すれば最大のパフォーマンスを提供出来る自信があります。今回は通販でのご依頼でした、ありがとうございました。