遠方よりご相談に来て頂き施工に至りました。施工前の画像は無いので比較が難しいのですがマットの塗装で通常の使用で塗装が削れてくるので少しでもこの状態を維持していきたいとご希望でした。

マットは磨く事が出来ない為、脱脂後にコーティングを施工て行きますがムラになったりしますので薄く何度にも分けて少しずつ完成に近づけて行きます。

エンジン部分はタンク、カウルと表面の仕上げが全く異なるので数種類のコーティング剤でどれが1番深く重厚感が出るのか相性を確認して施工致します。

今回特に拘った箇所がホイールでした。

形状も作業し易い形なので擦って傷だらけのホイールを2日掛けて小型ポリッシャーで丁寧に納得行くまでひたすら磨き新品の様に輝く様にしました。

セラミックを何度も塗布し鉄粉の付着を最小限にブロアーで拭けば飛ぶ程にツルツルにしました。マフラーのこの部分は跳ね上げが付くのでしっかりコーティングし、奥で手の届きにくそうな洗うのも大変そうなショックもしっかり防御のコーティングを乾いては塗りとしつこく塗布しておきます。

自身がバイクに乗るのでやっぱりツーリング等の帰り如何に楽くに元に戻るかを考えてしまうので常にベストな状態に仕上げたいと言う思いがあります。