今回は立山町にある四駆専門店さまご依頼のランクル磨きをご紹介致します。

かなりの大柄でやり応えがありました。状態は悪く長らく放置されてたみたく黒ですが白く白濁してます。塗装の酸化が始まってるみたくそのままワックスをしても艶を出す成分が塗装に吸い込んでしまい仕上がらないので研磨で表面を磨く必要があります。ただし摩擦に機械が負ける為時間を掛け低回転でやらないとコンパウンドが絡み付いて更に時間が掛かってしまいます。

元の状態が後になってしまいましたが随分酷い状態からの修復磨きですが塗膜が終わってる塗装はポリマーがおススメです。ガラスコーティングより質感がでます。

続きましてこちらも塗膜が終わりかけた車両です。こちらは塗装がチョーキング状態になってしまってます。摩擦抵抗でポリッシャーが途中で止まってしまう程重く抵抗のある状態なのでシングルポリッシャーでは歯が立ちません。試行錯誤しながら適切な回転数とコンパウンドや機械を変えながら仕上げていきます。こう言った過程は嫌いではないく結果を早く出したくて少し遊んでる気分で面白い作業でした、ありがとうございます。