全てラッピングシートで包みこんでオリジナルのカラー変更を楽しめるのはラッピングの長所で他のカラーに変更したり元に戻す事が出来るのもラッピングの特徴です。ポイントを決めてボンネットやルーフやミラーなどに違うカラーでコーディネートするのは手軽で楽しいものです。今回は全てカラーを変更した車両の紹介ですがスポーツカーらしいスタイル対する施行する側からみたら曲名を多用した難易度の高い車両になります。

フェンダー、バンパーが複雑な形状で泣かせる場面も数々。マットのブラックはこうなると迫力が増してきます。自分だけのオンリーワンに拘りたい方向けのカスタムだと言えると思います。