新車のカローラフィルダーを富山市内のディーラーよりコーティングの依頼でした。黒に施工するコーティング剤って少し気を使います。ソリッドの黒ではなくメタリックが入ってる黒で少し発色がシャープではなく少しボヤっとした黒だなぁと思って洗車してみるとボンネットとルーフに無数の染みが付いていまして新車なのに少し残念な状態になっています。後で分かったのですが長期在庫車だったそうですが同じ場所にずっと駐車してると塗装のダメージって随分痛めるんですね。
その問題の染みは弱酸性のリムーバーで除去する事で綺麗に修復完了できまして元の綺麗な黒に戻る事が出来ました。
それでこの後の塗装をどう守るかですが今回選んだのは刺激の少ない有機溶剤を含まない珪素のコーティングで仕上げることにします。黒はトラブルが多く全てのカラーに同一のコーティング剤はやはり無理があるのだと思います。